マインクラフト攻略まとめ

ネザーとオーバーワールドを自動で行き来する仕組みを開発しました

   

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/









今回は、前回お話したように、完成したネザートラップのさらなる強化をする為に、


ネザーとオーバーワールドを自動で行き来する仕組みを考えていきたいと思います( ̄ー ̄ゞ−☆





まず、コメントで頂いた作戦で、ネザーゲートの裏側にピストンを設置(/^^)/






このピストンを使って、プレイヤーをゲート内から押し出す作戦で、





レバーオン(°Д°)






っと、


残念ながらピストンは伸びませんでしたΣ(´□`;)





起動中のネザーゲート内にはブロックを設置する事が出来ないんですが、


どうやらピストンアームの部分もダメみたいですね(; ̄ー ̄A





なので、作戦変更で、自動でネザーゲートのオンオフを行って、


プレイヤーは動かずに、ネザーとオーバーワールドを行き来する方法に挑戦してみる事にいたしました(゜ロ゜)ピコーン





まず、ネザーゲートをオフにする方法なんですが、


以前にゾン豚トラップでも活用した、水流を設置する作戦で、


水バケツ入りの発射装置をこんな感じで設置いたします(  ̄ー ̄)ノ






この発射装置にレッドストーン回路の信号を流すと、





ダバァ








水流によって、見事ネザーゲートをオフにする事が出来ましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ





そしたら、今度はオフにしたネザーゲートを再点火しなくてはいけないので、


火打石入りの発射装置を用意いたします( ̄0 ̄)/






この発射装置をゲートの下側に配置してRS信号を流すと、





ご覧ください(*^ー^)ノ♪






見事にネザーゲートに点火する事が出来ちゃいました♪ヽ(´▽`)/





正直この点火方法がうまくいかなかったらどうしようかと思っておりましたが、


これでRS回路を使って、ネザーゲートの自動オンオフシステムを作る事が出来そうです(* ̄ー ̄)





と言う事で、お次は肝心のRS回路部分で、


最初にゆっくり周期のクロック回路を設置\(゜ロ\)(/ロ゜)/








クロック回路については説明を省きますが、





このクロック回路に、こんな感じでパルサー回路をくっつけますm(。_。)m






リピーターは3クリックを1個で、出力部分のコンパレーターをBUDブロックが観察しております(・ω・)





そして、BUDブロックからの出力を二股に分けまして、


水バケツと、火打石が入った、それぞれの発射装置に接続いたしました(・д・ = ・д・)






ネザーゲートをオフにして、次に再点火する必要がありますんで、





火打石入りの発射装置には、3クリックのリピーターを3個くっつけてあります( ・_・)ノポチッ






これで仕組みの方は完成で、最初に設置したクロック回路に併せて、


たまに一瞬だけネザーゲートがオフになる様になりましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ





流れとしましては、ネザーからこのゲートに来てそのままゲート内でボーっと立っていると、ネザーゲートが一瞬オフになって、


ネザーゲートが再点火される事で、ゲートに再突入でネザーへ戻される感じですね(* ̄ー ̄)





そして、ネザー側の仕組みなんですが、ネザーでは水を使う事が出来ないので、


ゲートをオフにする為に、溶岩バケツを使いますv( ̄Д ̄)v








こんな感じで、水バケツと同じ感じで、ネザーゲートをオフにする事が出来ますが、


プレイヤーに溶岩が当たってしまうと大惨事になってしまいますんで、





溶岩バケツ入り発射装置はゲート上部に設置いたします(゜ロ゜)






RS回路を同じ様に設置すれば、溶岩は一...

スポンサーリンク

---省略されました。オリジナルサイトでご覧下さい。---
続きはこちら

 - のんびりマイクラPE, レッドストーン回路

  関連記事

no image
TT建築番外編 屋根の切り込みが完成して、作業の第二段階に突入です

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/前回からトラップタワー湧き層の下層部分の改造作業を開始いたしまして、約半分ちょっとくらいまでの切り込み作業が完了いたしましたが、ホイホイチャーハン(°Д°)一気に切り込み作業が完了となりました(σ≧▽≦)σデキタ-!トラップタワーの屋根に湧き層下層と同じ形で切り込みを入れる事が出来まして、ご覧ください(* ̄∇ ̄)ノ見た目的には以前のルームランプの形を保った状態にすること

no image
モンスターの湧く高度限界を確認しました

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/さてさて、前回は岩盤整地会場で増加したスライムチャンクの湧きつぶしを行いまして、ご覧のように、スライムトラップも元気よく稼働をしております(* ̄∇ ̄)ノもしやスライムチャンクが変更になったのかと心配しましたが、建設済みのスライムトラップが稼働を続けているので一安心といった感じです(; ̄ー ̄A突然の出来事でちょっと作業のほうが脱線してしまいましたが、トラップタ

no image
岩盤整地会場の拡大 17日目

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/前回は睡魔に襲われ水没しつつ作業を進めておりましたが、ちょっと気分転換で海を眺めていたんですが、ちょっぴり懐かしいものを発見いたしました(゜ロ゜)遠くにちょっとだけ見えておりますが、近くに行ってみてみますと、ご覧ください(  ̄ー ̄)ノ水中に浮かんだ氷の塊でございます(* ̄ー ̄)この場所は以前にウィザーさんとの2戦目を行った海域で、氷上歩行のブーツで戦えば足元を

no image
展望台がある公園が完成いたしました

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/さてさて、前回は公園の建築を開始いたしまして、展望台が出来上がったので、簡単に飾りつけを進めております( ̄ー ̄ゞ−☆こんな感じで床板を設置いたしまして、展望台自体にはこのような飾りつけをしておきました(*^ー^)ノ♪ベンチを設置して、さらには展望台でよく見かける景色の地名なんかが書いてある案内板です(* ̄ー ̄)書見台を置いただけですが、それっぽく見えますね(゜ロ

no image
大量の砂岩と砂ブロックのお引越しをいたしました

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/さてさて、とりあえずではございますが、砂漠の砂漠化会場に第二倉庫が完成いたしまして、さっそく拠点から第二倉庫へ砂岩の移送を開始いたしました( ̄ー ̄ゞ−☆チェストを壊してアイテムを散乱させたら、どんどんシュルカーボックスへと詰め込んでいきまして、そのシュルカーボックスから第二倉庫のチェストへと砂岩を詰め込んでいきます( ̄^ ̄)スマホ操作だと1スタックずつタッ

no image
海底にハーフブロックを設置していると、、、

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/7月の豪雨、西日本での台風、そして北海道では大地震、この夏は日本列島を多くの天災が襲っており、このブログをご覧になられているみなさんの中にも被災された方が多くいらっしゃるんじゃないかと思います(´-ω-`)または、身近な方が被災され、心配な毎日を過ごされているみなさんもいらっしゃると思います(´Д`|||)まいくらぺさんは運よく被災はしておりませんが、普段の当り前の

no image
発破作業がついに完了いたしました

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/前回はチャーハン爆弾が炸裂いたしまして、ついに発破解体の作業も第四区画のみとなりましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ残りわずかとなった海底部分も、発破ぁ(°Д°)どーん本日もベッド爆弾で発破作業を進めております(σ≧▽≦)σヤッホー!しかしながら、画像にもキノコが写っておりますが、この第四区画はかなり多くの洞窟が生成されておりまして、凸凹にならないように、うまく爆風制御が必要な状況となっ

no image
新素材を使って簡単な建築をしてみました

どうも、閲覧いただきありがとうございますさてさて、前回も新たな洞窟探索をいたしまして、色々な新要素を発見する事が出来まして、捕獲して連れ帰ったウーパールーパーは水族館に放流しておきました(*^ー^)ノ♪いつのまにやら熱帯魚がいなくなって寂しかったんですが、これで水族館も営業再開ですね( ̄▽ ̄= ̄▽ ̄)そして、本日は持ち帰った色々な新素材を使って建築なんかをしていこうかと思いまして、砂漠の砂漠化会場へと移動い

no image
こんな日もあるさぁ

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/さてさて、アプリを再起動いたしまして、風車型ブランチマイニングの新たな周回に突入いたします( ̄ー ̄ゞ−☆ブランチマイニングではマグマダイブという多くのみなさんがお持ちのトラウマがございますんで、手の届く範囲を掘ってから前進といった感じで、採掘と前進を同時に行わないように進めております( ̄^ ̄)すると、ご覧ください(  ̄ー ̄)ノなにやらオレンジジュースのような

no image
ピストンを利用した窒息式 経験値トラップ

どうも、閲覧いただきありがとうございます(^O^)/さてさて、昨日はまさかの高度限界という事で、プランBのピラミッド型の屋根を試してみました(  ̄ー ̄)ノご覧のとおりお皿部分に隠れてしまうので、プランBまでもが廃案となりまして、撤去いたしました(°Д°)記事では結構カットしておりますが、屋根の建築に入ってからはこんな事ばっかりやっております(; ̄ー ̄Aそんな事を繰り返しているとしわ寄せといいますか、道具類の耐久度